最先端技術により木材の3D加工を実現。
よりアートに、よりハートに。

熟練の職人が時間をかけて丹念に仕上げる建具の世界。
その技術は時に彫刻であり、時に伝統工芸。
そんな表現力をCNC工作マシンが会得し、
高い生産性と高品質を現実のものとしました。
その技術は、従来の製品のその先に存在する新たな領域の可能性を示し、
私たちの感性を揺さぶり続けます。
それは独自の輝きを追求するメーカーへの脱皮であり、
住空間における豊かさの創造かもしれません。

コンピュータ制御による加工

木工技術の世界的リーディング企業として常にイノベーションを巻き起こしているHOMAG。建創では2019年にフリースタイルの5軸加工機「CENTATEQ P-110」を導入しています。鋸加工、ボーリング加工、3次元加工など多彩な形状を精緻にスピーディに加工するこのマシンによって、経験を積んだ匠(職人)の技を自動化できるようになりました。

操作性の高いグラフィカルなプログラミングシステムとの連動により木工業界に革命をもたらすこのCNC工作機。複雑なCADデータ入力は別室のデータ開発ルームにおいて作業し、和・洋建具の製造に留まらず、立体的な彫刻加工技術を活かした、感性豊かでより工芸的な製品の開発にも着手しています。

専用ルームでのデータプログラミング