hirakuを創る

受け継いだ匠の技と心を広く世界へ、新たな未来へ

変わらぬ思い、
尽きない思い

私たち建創が90年以上にわたり、受け継いできたのは、木の温かみと優しさを感じさせる建具づくりの技と心です。
和と洋の扉、建具、すなわち家の入り口であり、家という空間の始まりを創り出すことを通じて、私たちが守りたいもの。
それは、その先にある人々の笑顔あふれる暮らしと心和む、家族のつながりや人のつながり。
時を経ても変わらない思いを胸に私たちのモノづくりは、木と共に、人の気持ちと共に寄り添い続けます。

革新の連続で、
新たな伝統を創る

時代の変化、お客様ニーズの多様性と共に建具の技術を常に進化させてきた私たち。
古くから続く変わらない技法と現代の新しい技術の融合に取り組み続けてきたことが今の建創をカタチづくっています。
新しい技術を取り入れたドア、建具を通して日本の伝統文化を世界に伝える・・・。
“常に革新することが伝統を守り、未来につながる新たな伝統を創る”との信念を持って、これからも新しいチャレンジを。
建創は、新しい時代の扉を開く会社でありたいと思います。

代表取締役 寺本 博志

代表取締役 寺本 博志

Teramoto Hiroshi

1947年生まれ/和歌山市出身/剣道四段/
国士舘大学在学時に就業

企業理念

  • 利他の精神でグローバルに思考し、お客様の発展に貢献する
  • 技の伝承に留まらず、新しい取組みにより、和洋空間を創造する
  • 一人ひとりの熱意と努力を支援し、社員を物心共に豊かにする

社員心得

  • ありがとうとの感謝の心を忘れない
  • お客様の利益を優先し行動する
  • 素直な気持ちで柔らかく考える

代表取締役 寺本 博志